連載第45回 サンドラ・ヘフェリンの醤油二度づけ禁止令~外国人をお寿司屋さんにつれて行こう~

外国人が“お寿司”を食べる際に生じるハプニングとは…?

来日20年、ドイツと日本のハーフであるコラムニスト、サンドラ・ヘフェリンが “お寿司” にまつわる「あんなことやこんなこと」について、語ります!

 

お寿司はお寿司でも「肉寿司」に舌鼓を打つ昼下がり

 

前から気になっていたお店にやっと行けました。その名も「肉寿司」。学芸大の銭湯(本物の温泉なんですよ)の「ぽかぽかランド」によく行くのですが、そのたびに途中の「肉寿司」の前を通り「今度こそ絶対に行かなくては!」と思うのでした。

 

お店のホームページを見たら、人形町や神楽坂など色んなところにお店があるみたいですね。夜だけ営業している店舗もあれば、お昼からやっている店もあり、学芸大学前店は「14時から営業」とのこと。前日に電話で予約をして、当日ワクワクしながら14時ピッタリに入店。

 

お店の雰囲気は居酒屋みたいな感じ。居酒屋好きとしては、こういう雰囲気は和みます。

 

「居酒屋が好き」と書くと、なんだか物凄い呑兵衛(のんべえ)かと思われてしまいそうですが…最近めっきりお酒を飲まなくなりました。筆者の出身地のドイツでも最近「お酒を飲まない生き方」がブームとなりつつあり、自分もなんだかんだでそうなりつつあります。

 

ただお酒を飲まなくても「お酒を飲む場の雰囲気」はやっぱり好きなのです。ドイツの「飲まない人」の間でも、「お酒は飲まないけれど夜のバーの雰囲気は好き」という人も多く、糸唐辛子や生姜、メンソール等を入れたノンアルカクテルを提供するバーが流行っていたりします。筆者は「バー」よりも「居酒屋」が好きです。

 

冷やしトマトなどを軽くつまんでから「メイン」に突入。こちら「肉とろ三種盛り」(大トロ、中トロ、ネギトロ)です。

 

次は牛三種盛りの「牛三姉妹」(タン・ローストビーフ・和牛雲丹トロ軍艦)を頼んでみました。ああ~、生きていて幸せ。

 

お肉がウニとこんなにも合うなんて。いい意味で期待を裏切られた感じ。

 

そしてそして「炙り肉寿司盛り合わせ」(和牛とろカルビ・イベリコ豚・ロース・フォアグラの稲荷炙り)の贅沢4貫。

 

上の写真3枚ですが、気付きましたか・・・?これらの肉寿司には「生姜」ではなくて「セロリ」がついているのです。

 

このセロリがまたお肉に合うのですね。これは新しい発見でした。子供みたいと思われそうですが、筆者はセロリがそんなに得意ではなかったりします。でも今回は本当に美味しく食べられました。肉寿司のおかげで「セロリ嫌い」が克服できたかもしれません。これからは家でセロリを食べる時は、必ず美味しいお肉と一緒に食べるようにしようっと。

 

それにしても「寿司といえば魚」という固定概念をすっかり打ち壊されました。魚も好きだけれど、お肉を食べるとやっぱり元気になるってもんです。

 

こちらの「穴子」ももちろんお肉です。【肉穴子】ですね。豚の角煮を炙ったもので、とても柔らかく、口の中でほぐれて・・・幸せでした。

 

さて、ここでちょっとお寿司はお休みして、メニューで気になっていた「牛タンの大根煮込み」を頼んでみました。あっさりなのに食べごたえがある・・・そんな味でした。

 

大根の後は、またお肉に戻ります。はい、「馬肉」です。食肉の中でも「馬肉」は栄養満点なので疲れた身体にとっても良いのだとか。こちら「馬三種盛り」(赤身・えんがわ・極上赤身)を頼みましたが脂がのっていて大満足。

 

お酒は飲まないもののマスクをしながらもおしゃべりははずみ、なんだかんだで2時間ぐらいいました。ご紹介した「肉のお寿司」はぜんぶ美味しかったのですが、肉寿司以外だと筆者は「あおさのだし巻き卵」が好きでした。この味、クセになりそう。

 

そんなこんなで束の間の「夜の居酒屋の雰囲気」を楽しみました。でも店を出ると、外がまだ明るいという不思議。考えてみればまだ16時台ですものね。

 

・・・次回は「納豆」のお話です。皆で免疫を上げてこの「禍」を乗り切りましょう。

 

次回は12月下旬更新予定です。

 

 

過去のコラムへのリンクはこちらになります↓

第1回

第2回

第3回

第4回

第5回

第6回

第7回

第8回

第9回

第10回

第11回

第12回

第13回

第14回

第15回

第16回

第17回

第18回

第19回

第20回

第21回

第22回

第23回

第24回

第25回

第26回

第27回

第28回

第29回

第30回

第31回

第32回

第33回

第34回

第35回

第36回

第37回

第38回

第39回

第40回

第41回

第42回

第43回

第44回

 

サンドラ・ヘフェリン

コラムニスト。ドイツ・ミュンヘン出身。日本在住22年。 日本語とドイツ語の両方が母国語。自身が日独ハーフであることから、日本とドイツを比べながら「多文化共生」をテーマに執筆活動をしている。ホームページ「ハーフを考えよう!」http://half-sandra.com/ 著書に「ハーフが美人なんて妄想ですから!!」(中公新書ラクレ)、「満員電車は観光地!?」(流水りんことの共著 / KKベストセラーズ)、「体育会系 日本を蝕む病」(光文社新書)など。

ホームページは 「ハーフを考えよう!」 http://half-sandra.com/

寿司動画

㐂寿司